観光スポット

観光トップ > 観光スポット一覧

観る

横仙歌舞伎
横仙とは、奈義町の辺りを指す古い地名で「山の横」という意味です。この地方では古くは山を仙(せん)と呼びました。
さんぶたろう伝説
昔々、この地を治める領主が菩提寺へ向かう山中、絶世の美女と出会います。
やがて二人は恋におち、夫婦になると男の子が生まれ「太郎」と名付けます。
法然上人の足跡
寺の中には法然上人の座像と幼少期の勢至(せいし)丸(まる)(法然上人の幼名)の座像があります。

自然

那岐山
氷ノ山後山那岐山国定公園にも指定されている中国山地の秀峰で、四季折々の豊かな美しい自然に恵まれています。
蛇淵の滝
国定公園那岐山の中腹にある三穂太郎出生の伝説にまつわる滝として有名です。
馬桑の屋敷の滝
ループ橋から約500m国道を北へ進むと、屋敷の滝の入口があります。
この滝は高さ40mで、水量も豊かで周囲は原生林に映え、見事な景観を示しています。
滝神社の滝
滝山の中腹、うっそうと茂った森の中、滝神社はひっそりと鎮座しています。背後の雄大な奥の院滝が凍結してつららとなる冬の景観も見事です。
菩提寺の大イチョウ
この銀杏の巨樹は国定公園那岐山の古刹菩提寺境内の中にそびえ、高さ約40m、目通り幹囲約13m、樹齢推定900年といわれ県下一の大樹です。
阿弥陀堂の大イチョウ
伝説によれば勢至丸(後の法然上人)がこのイチョウの枝を杖にして菩提寺にのぼり、自から「学成れば根付けよ」と地に挿したのが菩提寺の大イチョウであり、その親木とも伝えられている。

遊ぶ

総合運動公園
町民一人一人が、「だれでも・いつでも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しめることを目指して、様々なスポーツ施設を開放しています。
奈義中央広場
奈義中央広場は美術館の北側、ウォーキングプールの南側に位置し、常時開放しています。
広大な芝生広場には幼児向けの遊具の他、日よけに藤棚やテントを設置しており、陽射しが強い日でも休みながら遊ぶことが出来ます。

食べる

町内飲食店一覧
町内の飲食店の一覧です。

泊まる

町内宿泊施設一覧
町内の宿泊施設一覧です。

お土産

特産品の紹介
山の駅の特産品ショップでは、奈義町特産品であるなぎビーフやおかやま黒豚、自然の味わい豊かな有機栽培食材、山菜、加工食品や手工芸品、併設のパン工房で製造した手作り米粉パンなどを販売しています。