ホーム > イベントカレンダー > 母袋俊也展《Koiga-Kubo》1993/2017 そして〈Qf〉

母袋俊也展《Koiga-Kubo》1993/2017 そして〈Qf〉

母袋俊也展

「M360 Qf・SHOH 160」 「箱窓」

国内外で個展やグループ展を開催する美術家・母袋俊也氏の岡山での初個展

絵画の展示

期間

2017年10月21日(土曜日)から2017年12月3日(日曜日)

場所

奈義町現代美術館ギャラリー

料金

一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料。常設と共通チケットをお求めの場合は通常料金700円)

主催

絵画表現におけるフォーマート(画面の縦横比)と精神(メッセージ)との相関をメインテーマにして絵画制作をしている美術家・母袋俊也氏。

本展では、1993年に岡山県北西部の鯉が窪湿原を描いた《M76 Koiga-Kubo》(12枚組)と今展のために同一フォーマートで描かれた新作《M566 TA・Koiga-Kubo》(6枚組)の新旧の〈TA〉系2点を対面展示し、また、壁上部には空の絵〈Himmmel Bild〉を展示。そしてそれら絵画作品の前面には〈枠窓〉、〈垂直箱窓〉が設営され、画面内の像は枠での切り取りによって新たな「像」を浮かび上げることになります。その他、照度を落とした空間に〈Qf〉系が対比的に展示されます。

国内外で活躍する母袋氏の岡山での初個展をぜひご堪能ください。

ARTIST×CAFE

vol.69 10月21日(土) 午後2時30分~午後4時30分 母袋俊也氏(美術家)と水沢 勉氏(神奈川県立近代美術館館長)とのトークセッション。参加費:300円(入館料別途必要)

問い合わせ先

奈義町現代美術館
ページの先頭へ