文字サイズ

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

背景色変更

  • 標準
  • 黄色地に黒
  • 青地に黄色
  • 黒地に黄色

まちのホットニュース

行政トップ > まちのホットニュース > 21世紀型職員採用試験実施

21世紀型職員採用試験実施

 奈義町では、平成28年11月27日の職員採用試験において、アクティブ・ラーニングの手法を用いた「21世紀型職員採用試験」を実施しました。

 これは、主体性をもって多様な人々と協働して問題を発見し、“解”を見い出していく「能動的学修」(アクティブ・ラーニング)の手法を活用したもので、本町の「教育・文化のまちづくり監」である平田オリザ氏の提案によるものです。

 本町が地方創生のトップランナーとなるために、これからの職員に求められる、パフォーマンスの高さや「主体性・多様性・協働性」の豊かさを、適切に評価することを目的としています。

 具体的な選考方法は、グループワークと、それに連結された口頭試問(インタビュー形式)を基軸としています。

 奈義町が、人口減少や高齢化という新たな課題に積極的に取り組み、本町ならではのオリジナリティの高い地方創生を実現するためには、人材が何より重要であると考え、本採用試験を導入しています。

グループワークの様子(職員による模擬試験)

グループワークの様子(職員による模擬試験)

アンケート

奈義町ホームページをより良いサイトにするために、ご意見・ご感想をお聞かせください。

このページはお役に立ちましたか?

Q.このページは見つけやすかったですか?

奈義町観光サイト