メルマガ登録 会員ログイン

霊明塚陶棺

中島東頓地にあり、大正7(1918)年に発掘された全長11.5mに達する横穴式石室の中に2基の陶棺があり、その中には多くの須恵器・太刀・刀子・金環・玉などが副葬されていました。

(現在陶棺は、なぎビカリアミュージアムのふれあい会館に展示されています。)

霊明塚陶棺

周辺地図を開く[霊明塚陶棺/なぎビカリアミュージアム] (OpenStreetMapへ)

周辺地図を開く[霊明塚古墳] (OpenStreetMapへ)

電子図書館メニューに戻る

会員ログイン メルマガ登録