メルマガ登録 会員ログイン

大別当城址

この城は那岐山の東南約2.5km大別当山の頂上にあり、中世の動乱時に美作菅家を中心とした郷党の人々によって築かれ、頂上付近は南北に長く、堀切りや土塁・郭・屋敷跡があり、東西は狭く急峻で、南の麓には根小屋あとがあります。
頂上の展望台からは津山盆地や備前の山々が手に取るように眺められます。

大別当城址

周辺地図を開く(OpenStreetMapへ)

会員ログイン メルマガ登録