メルマガ登録 会員ログイン

王子権現の社

西原安祥寺本堂の西側にある王子権現は後醍醐天皇の王子「大内(追治)王子」をまつった社です。
後醍醐天皇が隠岐に遷行になり、その後を「広橋の局」が慕い奉って都よりこの地にたどりつかれ、王子をご降誕されましたが、まもなく崩御されました。
当国の菅家一族は諸宗の僧を招いて大追善供養をし、王子権現として安祥寺裏の産湯の池の上に社を建てました。

王子権現の社

周辺地図を開く(OpenStreetMapへ)

会員ログイン メルマガ登録