メルマガ登録 会員ログイン

長願寺宝篋印塔

中島東有元城東側長願寺址に「おちょろ様」とよばれて民間信仰の対象となっている宝篋印塔が建てられています。
四基あったものと推定され、その最大のものに「大願主沙弥真宗」と「延文3(1358)年癸未11月日」と刻まれています。
延文は北朝年号で、南朝年号では正平13年にあたり、この地方は当時北朝の勢力下にあったものと思われます。

長願寺宝篋印塔

周辺地図を開く(OpenStreetMapへ) 

電子図書館メニューに戻る

会員ログイン メルマガ登録