メルマガ登録 会員ログイン

阿弥陀堂の大イチョウ

町指定天然記念物 (昭和44年7月7日指定)
小坂字阿弥陀堂

この地に幸福寺という名の寺があったと伝えられ、また東作誌にも載っているが不詳である。寺の跡と思えるものが多くあり、この大イチョウは落雷などで一部が焼けたり、田圃の陰になるためしばしば枝が切られ今の姿になっている。
伝説によれば勢至丸(後の法然上人)がこのイチョウの枝を杖にして菩提寺にのぼり、自から「学成れば根付けよ」と地に挿したのが菩提寺の大イチョウであり、その親木とも伝えられている。(※補足)

枝より垂れる気根は3m余りとなって地中に達する。また実がつかないので雄木といわれる。

※『奈義町の文化財』(奈義町教育委員会発行 2003年2月)より

※補足:

DNA鑑定の結果、菩提寺の大イチョウと阿弥陀堂のイチョウは同一の遺伝子を持つクローンであることが判っています。

2016年3月7日付け岡山県指定重要文化財(天然記念物)指定。

会員ログイン メルマガ登録