メルマガ登録 会員ログイン

広岡の地神様

広岡の国道南側に「地神」と太文字で刻まれた自然石(高さ90cm・大正元年八月建)があります。
このような石塔は町内はもちろん県の中北部にはたくさんあり、土地の神・五穀の神として春・秋の彼岸の日に近い戊(つちのえ)の日を「社日」とよびお祭りをしました。
この日は「鍬を使うと地神様の頭や目に当たる」といって野良仕事を休みました。

広岡の地神様

周辺地図を開く(OpenStreetMapへ)

電子図書館メニューに戻る

会員ログイン メルマガ登録