ホーム > イベントカレンダー > うたとおどりのかみしばい 箱劇

うたとおどりのかみしばい 箱劇

箱劇1

※奈義町在住者のみの募集となります

箱劇

9月26日(土)のキャスト・スタッフは主に奈義町在住のメンバーで構成

美術館屋上舞台で行われる、新しいカタチの紙芝居

※奈義町在住者のみの募集となります

期間

2020年9月26日(土曜日)

場所

奈義町現代美術館 屋上

定員

20名(奈義町在住者のみ) ※要予約・先着順

料金

無料

主催

奈義町の雄大な自然の中で音楽や演劇作品を鑑賞できる屋上舞台を活用して、奈義町在住の俳優・申瑞季(シン ソゲ)と岡山市在住の劇作家・演出家の角ひろみを中心としたユニットによる、紙芝居という平面から歌や踊りが飛び出す「うたとおどりの紙芝居 箱劇」を開催します。
紙芝居を演出するように生演奏や演劇的な要素も入った箱劇は、子どもからお年寄りまで楽しめる内容となっています。
奈義町の雄大な自然の中で生まれる楽しい物語を、ぜひご堪能ください。

日時:2020年9月26日(土)
場所:奈義町現代美術館 屋上
開場:午後3時30分
開演:午後4時
   ※雨天の場合は翌日に延期。翌日も雨天の場合は中止
入場料:無料
定員:20名(奈義町在住者のみ) ※要予約・先着順

【箱劇とは】
奈義町在住の俳優 申瑞季と、岡山市在住の劇作家・演出家 角ひろみとを中心とした紙芝居ユニット。小さくしまって遠くまで持ち運べて、箱から立ち上がるように大きく広がる、ポータブルな演劇を目指して、箱劇(はこげき)と名付ける。
うたとおどりを混ぜながら、立体的なかみしばいを行う。お年寄りにも子どもにも楽しんで体感してもらえるよう、町々へ出かけて、地域の人々を巻き込みながら、小さい演劇を通して、出会いとコミュニケーションが大きく広がっていくことを願う。
スローガンは地域から日本各地、そして世界へ!
■演目「野ばら」 作:小川未明
■キャスト・スタッフ
 出演…申瑞季、ジェイク・デイビス
 演出・演奏…角ひろみ
 紙芝居の箱・演奏…栗原立
 紙芝居の絵…あさののい
ページの先頭へ