展覧会とイベントのご案内 > 原点回帰 聖地巡礼 -荒川修作+M.ギンズ・岡崎和郎・宮脇愛子 H氏コレクションから-

原点回帰 聖地巡礼 -荒川修作+M.ギンズ・岡崎和郎・宮脇愛子 H氏コレクションから-

荒川作品

荒川修作《Blankles Tone》1979年 © 2020 Estate of Madeline Gins. Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.

岡崎作品

岡崎和郎「黒い雨によせて」/1995年

宮脇

宮脇愛子「Work#37」/1968年

3組の作家の作品を一堂に展示

常設展示制作作家の作品をご覧いただけます

期間

2022年9月10日(土)~10月23日(日)

場所

奈義町現代美術館ギャラリー

料金

一般・大学生200円(高校生以下、75歳以上無料) ※常設展を併せて覧になる場合は、通常観覧料金(一般・大学生700円)でご覧いただけます。

主催

奈義町現代美術館(Nagi MOCA)は、今年で開館28周年を迎えました。1994年に建築家 磯崎新のプロデュースによって荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子の3組の国際的なアーティストが選定され、その作品は展示室「太陽」・「月」・「大地」と名付けられた部屋に半永久展示されています。
本展では、各展示室内部の常設作品を制作した彼らと深い交流があったコレクターが所有する豊富なアート・コレクションの中から、3組のアーティストに関する貴重な作品群を厳選し、一堂にまとまった形で初めて展示します。30周年を目前にした奈義MOCAの魅力の一端を読み解いていく機会になることを願っています。


【関連イベント】
 コレクターによるトークイベント
 日 時:2022年10月1日(土)午後2時~
 場 所:奈義町現代美術館
 参加費:無料(別途入館料)

ページの先頭へ