観光トップ > 観光スポット一覧 > 菩提寺の大イチョウ

菩提寺の大イチョウ

菩提寺の大イチョウ

浄土宗開祖法然上人が学問成就を祈願して挿した杖が芽吹いたといわれています。
この銀杏の巨樹は国定公園那岐山の古刹菩提寺境内の中にそびえ、高さ約40m、目通り幹囲約13m、樹齢推定900年といわれ県下一の大樹です。
国の天然記念物に指定され、また全国名木百選にも選ばれています。
またこの木から北方にのびた枝が大雪のため地につき、分枝して育った樹齢200余年の銀杏もあります。